RSS
 

めりけんや便り2016年6月(水無月)

めりけんや便り2016年6月(水無月)

地球温暖化
田植え
【田植え】

 地球温暖化に伴い、讃岐でも気温が上昇しています。稲作は従来どおりの6月中旬に田植えをすると、穂が出る頃に, 高くなった気温で籾に白濁などが発生して等級がさがるため、近年は田植えを一週間ほど遅らせています。
 また、香川県では高い気温に耐えられる品種の、おいでまいに順次切り換えられています。
 温暖化はエネルギーを多く使う生活になっているのが原因のひとつと思います。朝起きてからの洗顔は冷水でなければすっきりしません。しかし最近の若い人は温水を使用する人が多いようです。サービスエリアでも手洗いで温水が出るところがあります。しかし、これであまり快適とは感じません。
 熟年の家庭の水準で十分かと思います。

自主防災組織
自主防災訓練
【自主防災訓練】

 私の住む町内の5つの自治会が集まって、自主防災会を結成しました。目的は自治会の会員相互の互助精神に基づき、自主的な防災活動により、地震、風水害、土砂災害、火災その他の災害による被害の防止および軽減を図ることです。
 町内にはいろいろな意見の人が多く、また自己負担金もいりますが、熱心な自治会長の推進により昨年に発足しました。
 日本は災害列島です。やがて来る日に立つと思います。
 なお、救援活動はまず自分が助かることを優先して、余裕ができた人が救援活動をすることにしています。これで会長・班長などの過度の責任を軽減しています。

茹でうどん
茹でうどん
【茹でうどん】

 うどんは茹でたてがもっとも美味しいですが、ご家庭で時間的に制約がある場合は、手っ取り早い茹でうどんが便利です。スーパーマーケットなどで販売されています。
 このうどんは茹でてから数日が経過したものを購入しますので、茹で伸びはしています。このため使用する小麦粉はタンパク質を多くして、茹で上がっても少し硬い麺にしております。なお、食感を滑らかにするため、澱粉を混ぜることもあります。
 昔は茹でうどんといえば当日生産、当日販売の商品でした。玉取りをして蒸籠に並べて、玉売りをしていました。今は、衛生管理の向上と低温流通機構の著しい発達があり、4〜5日間の流通期間が可能となっています。

サラダうどん
サラダうどん
【サラダうどん】
 栄養のバランスがとれて、しかもさっぱりと食べられるのがサラダうどんです。
 まず、きゅうり、ゆで卵、とうもろこし、かいわれ大根、わかめ、トマト、すりごま、ツナ缶、茹でた海老などを準備します。
 たっぷりの沸騰したお湯にうどんを入れて、茹で上がると冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 器にうどんを盛り、野菜などをのせます。
 つけつゆにすりごまを入れて、つけてお召し上がりください。

ページトップへ