RSS
 

めりけんや便り2015年4月号(卯月)

めりけんや便り2015年4月号

卒業時期
歌舞伎小屋の内部
【歌舞伎小屋の内部】

 四国の春の風物詩である、四国こんぴら歌舞伎大芝居が今年も開催されます。この芝居小屋は現存する最古のもので、江戸後期の天保6年(1835年)に建てられています。
 今年は第31回目を迎え、初日の前日にあたる4月10日にはお練、公演は4月11日から4月26日までの16日間です。
 今年の主な役者は中村時蔵、尾上松緑、尾上菊之助さんらです。演目は、伊勢音頭恋寝刃、道行初音旅、芦屋道満大内鑑、曽我綉侠御所染です。陰惨な殺しの場面、満開の桜が咲き誇る吉野山の場面など、多くの見せ場があります。
 江戸の風情を残す木造の芝居小屋ならではの雰囲気があり、一度観劇すると歌舞伎ファンになる方が多いようです。

若く見える人はなぜ運がいいか
標高422mの讃岐富士
【標高422mの讃岐富士】

 香川県のほぼ中央にそびえるおむすびのような美しい山は、「讃岐富士」と呼ばれています。なだらかな登山道があり、讃岐平野や瀬戸内海を一望しながら、1時間弱で頂上に到着できます。頂上にはおじょもの足跡と呼ばれる巨岩や、良縁成就のお薬師堂もあります。
 毎日、朝4時半頃から登山を開始する「星組」、日の出を見る「日の出組」、昼間の「昼組」、里山登山の愛好家など、多くの登山者がいます。
 標高が422mのため、4月22日の早朝4時22分を「良い夫婦の日」、「良い夫婦の時間」として、その時に登山を開始する行事が毎年開催されています。広い駐車場もありますのでお勧めの山です。

冷凍生うどん
かけうどんの薬味(ねぎ
【かけうどんの薬味(ねぎ)】

 美味しいうどんの味を、もっと引き立てるのは薬味です。薬味として人気のあるのは次のようなものです。
 ねぎ、七味唐辛子、おろししょうが、大根おろし、わさび、海苔、ごま、ゆず、青じそ、かつおぶしなどがあります。
 うどんに薬味を添えるのは次のような理由です。
薬味の香りで食欲を増進する、薬味のもつ色で見た目を良くする、薬味と食材の相乗効果で風味を向上させる、体を温める、消化を助ける、疲労回復や食欲増進など、様々な効用があります。
 薬味の違いでうどんの味が大きく異なってきますので、いろいろと試して頂きたいと思います。

力うどん
肉うどん
【肉うどん】

 たっぷりのお湯でゆで上げたうどんを、冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 鍋にかけつゆを入れて、薄切りの牛肉を適量入れます。
 つゆが沸いたら火を止めます。
 玉取をしたうどんを再度お湯で温めて丼に取ります。
 鍋のかけつゆをうどんかけて、牛肉とねぎを乗せます。
 甘めがお好きな方には、かけつゆにみりんや砂糖などを加えてお召し上がりください。


ページトップへ