RSS
 

めりけんや便り2014年9月号(文月)

めりけんや便り2014年9月号(文月)

秋野菜の植え付け
秋野菜の植え付け
【秋野菜の植え付け】

 大根は消化を促進する成分を含み、どのような調理を行っても、めったなことでは食あたりをしません。なお、これをかけて「大根役者」とは、めったに「当たらない(ヒットしない)役者」を指します。また、大根が白いことから「素人」とかけた説や、下手な役者ほど白粉(おしろい)を塗りたくる説などがあります。
 この大根の種蒔は9月上旬が適期です。かぶ、ほうれん草なども同様です。
 野菜は収穫されても生きているため、その間は自前の糖分を消化します。このため時間の経過とともに甘みがなくなります。もちろんみずみずしさも減少します。家庭菜園で作物の生育とともに、収穫直後の野菜本来の味覚と食感を楽しみたいものです。

ヨーガ
ヨーガの瞑想
【ヨーガの瞑想】

 友人の勧めでヨーガの会に入会しました。自分の体が硬いのを実感していましたので、柔軟性を取り戻すつもりで始めました。
 ヨーガはインドで生まれています。針のベッドで寝るなど特別な修行をするのを知っていましたが、入会するとそのようなものはまったくありません。柔軟体操に似たところが多いです。
 身、息、心を整えるヨーガは全部をゆっくりするのが特徴です。無理をしないでできるところを伸ばすというやり方のため、ストレスを感じません。途中で小休止を入れるので疲れません。
 なお、猫背を防ぐこともできます。背筋がまっすぐですと、年齢よりも若く見え、気分も良くなり、内臓の病気にかかりにくくなります。

多加水麺
多加水麺
【多加水麺】

 多加水麺とは、小麦粉に対して食塩水を一般より多く入れて製造したものです。生麺の場合は一般的に50%以上を入れることをいいます。
 加水が多いと茹で時間が大幅に短縮できます。これは、はじめから水分が多いことに加えて、茹で麺が同一水分の場合には、多加水麺の方が軟らかいことによっています。このため太目の麺を作っても茹で時間が制限時間内に収まります。また、食感も手打ちうどんそのものです。
 なお、水分が多くて粘っているので、製麺機械にくっつきやすくなります。また、グルテン組織の形成につれて、歪による内部応力が出現して硬化します。このためゆっくり練りと熟成を行うなどの、高度の技術が必要です。

サラダうどん
サラダうどん
【サラダうどん】

 きゅうりやトマトなどのお好みの野菜、茹で卵などを食べやすく切っておきます。
 たっぷりのお湯で茹で上げたうどんを、冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 器にうどんを盛り付けて、お好みの野菜などを乗せます。
 つけつゆをかけて召し上がりください。
 新鮮な夏野菜などが食欲をそそります。


ページトップへ