RSS
 

東黒森山(標高1735m)に登ってきました

上図:石鎚山から続く尾根沿いを歩きます。

上図:尾根沿いの道は整備されており、また、なだらかです。

上図:遠くに石鎚山が望めます。中央奥のゴツゴツした山が石鎚山です。

上図:標高1700m程度の頂上です。

 登山の同好会で愛媛県と高知県の県境の東黒森山に登山してきました。

 なだらかな尾根伝いの登山道で、見晴らしもよく、また途中の自動車道も整備されていますので、高低差150m程度で頂上に到着できます。お勧めの初級クラスの登山ができます。

上高地に行ってきました

上図:穂高連峰と大正池

上図:平坦な木道がどこまでも整備されています。

上図:標高1500mのため涼しいです。

上図:河童橋は学生の旅行者などでいっぱいです。

上図:ニリンソウのお花畑が続きます。

上図:梓川の水は透明です。

 長野県の松本市にある上高地に行ってきました。

国立公園で、国の特別名勝、特別天然記念物にしていされています。

  朝の5時に大正池に到着してから7時間かけて散策しました。

河童橋、田代池、明神池へと、ほぼ平坦な道のりをのんびり歩きます。残雪の山々と梓川の透明な水を観ながら、自然をゆったりと味わいました。

徳島県の船窪のオンツツジは巨大です

上図:オンツツジの花は紅くてきれいです。

上図:オンツツジの説明書き

上図:つつじと思えない太い幹に圧倒されます。

上図:大きいものは高さが6mにもなっています。

 阿波富士とも呼ばれる高越山の、高越寺から3kmほど離れた標高1050m付近の高原に、船窪のオンツツジの群生地があります。

 ツツジといっても樹齢が300年も経つのがあり巨大で、ツツジというイメージからはなれています。 

 麓から自動車道があり手軽に行けますが、高越寺にお参りしてから尾根沿いに歩いても行けます。5月は見頃ですのでお勧めです。

国営讃岐まんのう公園の水仙は見事でした

上図:4月上旬の水仙

上図:区画した花壇に、同じ種類の水仙がいっぱいです。

上図:個々に眺めても良いです。

上図:背の低い水仙もきれいです。

上図:いろいろな色と形状の水仙があります。

 4月上旬に国営讃岐まんのう公園の水仙を眺めに行きました。

 水仙はバラなどに比べると質素な感じがしますが、広い公園に何十万本も群がって咲いていると見事です。種類も百種類を超えるのではないかと想像します。春先にお勧めです。

倉吉観光に行ってきました。

上図:白壁の古い町並みが続きます。

上図:ボランティアガイドの丁寧な説明があります。

上図:道祖神に心が和みます。

上図:木彫りの福の神がおいでます。市内には仏師が多いようです。

上図:江戸時代に建てられた土蔵群があります。

上図: 横綱琴櫻の出身地です。

 鳥取県倉吉市の白壁の町並みを見物してきました。古い町並みはかっての繁栄がしのばれて、また心が和みます。

陸上自衛隊善通寺駐屯地の市内パレードが開催されました

上図:記念行事の内容

上図:空挺降下が行われました。

上図:市内を戦車が駆け抜けます。

上図:模擬戦闘が行われました。

上図:野砲の空砲の音はすごいです。

上図:戦車の遊具で子供達が楽しんでいました

上図:観覧席の前を軍用車両が続々と行進します。

 陸上自衛隊善通寺駐屯地で開設67年記念行事が開催されました。4月23日(日)の9時から15時までです。

 快晴に恵まれて約15,000人が見物に訪れたようです。なお、市内パレードは50年ぶりとのことです。

 身近に見える戦車などの巨大さ、地響き、エンジン音などに圧倒されました。

四国こんぴら歌舞伎大芝居を開催中です

上図:開演前には多くの観客が並んでいます。

上図:土産物も販売されています。

上図:役者の名前が書かれた招き看板が掲げられています。

上図:中は観客でいっぱいです。

上図:二階席からもよく見えます。

 四国こんぴら歌舞伎大芝居が開催されています。 現存する日本最古の金丸座です。役者と観客が一体になれるような狭い空間ですので、熱気がこもります。

 期間は4月8日から4月23日までです。

 座頭は片岡仁左衛門さんです。人間国宝だけあって見事な演技でした。

四国こんぴら歌舞伎大芝居が開催されています

上図:開催開始の前日の4月7日にお練りが行われました。

上図:まず、座頭の片岡仁左衛門さんが人力車で現れました。

上図:中村雀右衛門さんが続きます。

上図:片岡孝太郎さんが続きます。

上図:尾上松緑さんが続きます。

上図:屋台船が続きます。

 四国の春の風物詩の四国こんぴら歌舞伎大芝居が開催されています。期間は4月8日から23日までの16日間です。人間国宝の中村仁左衛門さんが座頭です。

 開催に先駆けて、開催日の先日に、町内を役者が練り歩く「お練」が開催されました。多くの見物客が訪れました。

世界一の日本庭園といわれる足立美術館に行ってきました

上図:庭園日本一の石碑

上図:美術館の入り口

上図:横山大観のコレクションは世界一です。その絵葉書などを売店で販売しています。

上図:借景が見事な庭園です。

上図:白砂と松もきれいです。

上図:池も見事です。

上図:遠くに滝もあります。

 鳥取県安来市にある足立美術館に行ってきました。多くの方が賞賛しているだけの価値はありました。

 日本一の庭園といわれるだけあって、13,000坪の広さがあるようです。よく手入れをされており、見事の一言に尽きます

 横山大観の作品も多くあります。

今年もしまなみ海道をサイクリングしてきました

上図:今年もしまなみ縦走が開催されました

上図:尾道駅付近から出発して、まず対岸までフェリーで渡ります。

上図:尾道から今治までの約75kmをサイクリングします。

上図:巨大な因島大橋などを渡ります。

上図:因島大橋の下にあるサイクリング専用道路です。なお、他の橋は高速道路になっている道路の側面にある、サイクリング専用通路を走行します。

上図:生口橋です。

上図:最後は来島海峡大橋です。

 今年もしまなみ海道をサイクリングで縦走しました。毎年参加して今年で5回目です。

 7時に尾道を出発して、今治に16時半ころに到着しました。多くの自転車の愛好家が参加していました。スタンプラリーもあり、記念品をいただきました。

 私は体力的に自転車の素人ですが、ゆっくりと楽しみました。