RSS
 

佐渡島に行ってきました。

上図:佐渡島には大きなフェリーで渡りました。2時間半ほどかかります。

上図:島の北端には日本一のトビシマカンゾウの群生地があります。

上図:新潟の美味しい米を使用する酒蔵があります。

上図:たらい船は、乗客が実際に漕ぐことができます。

上図:トキの森公園では、実際のトキを間近に見られます。

 佐渡島に旅行してきました。

本州から離れていますので、なかなか機会がありませんでしたが、トキなどを見て感激しました。お勧めの観光地です。

上図:

マツダミュージアムを見学してきました

上図:広島にある広大な工場です。手前および左側の色の濃い部分がマツダの工場です。

上図:新車を展示しており、見学者は自由に乗ることができます。乗ると気持ちが良いです。

上図:マツダの歴史を展示しています。

上図:往年の名車を展示しています。

上図:初めてマツダが開発したロータリーエンジンです。

上図:組み立て時間を短縮するため、予め組み立てた部品を車体に組み付けていきます。

 日本の代表的な産業である自動車の組立工場を見学することができました。広島にあるマツダミュージアムです。マツダの自動車産業の変遷と、隣接する自動車工場の見学です。

 流れ作業でいろいろな形式の自動車が、スムーズに組立られていくのを見るのは圧巻です。見学をお勧めします。

広島造幣局を見学してきました

上図:造幣局の配置図

上図:製造している硬貨

上図:上部は製造工程、下部は硬貨の原料

上図:製造工程図

上図:硬貨の重さの体験では持ち上げが自由です。

上図:硬貨の展示室です。

 教育会の見学で広島造幣局を見学することができました。

硬貨の製造過程がよくわかりました。

やはり貨幣というこうもあり、厳格な品質管理と保管を行っていました。見学はたいへん良かったです。

上図:

標高1000m以上の旧別子銅山跡を見てきました

上図:小学校の跡地の立て札

上図:小学校の跡地

上図:商店街の跡地の立て札です。今は山林となっています。

上図:坑道入口です。

上図:迎賓館の跡地

愛媛県新居浜市にある旧別子鉱山跡を見てきました。標高1000m以上の山の斜面にあります。国道から登山道を40分ほど登ると遺跡が見えてきます。

 たどり着くには元トロッコが通っていた急な登山道だけなのに、明治の時代には数千人が住んでおり、学校、病院、醸造所、迎賓館、商店街などが揃っていました。昔の人の偉大さを感じます。

タオル美術館に行ってきました

上図:外観

上図:タオルの原料の原棉で創った食べ物の展示

上図:40mのタオル地で創ったムーミンの壁画

上図:タオルの原料糸

上図:四国の物産コーナーではめりけんやのうどんを販売しています。

上図:近くには今話題の加計学園があります。

 国会で話題の加計学園や、囚人の脱走で話題の愛媛県今治市に行ってきました。

 タオル美術館を見学してきました。高級タオルの製造、販売をしています。タオルは安物という認識をかえました。

レオマワールドの花がきれいです。

上図:花畑がきれいです。

上図:東南アジアの寺のような建物があります。

上図:花の円柱がきれいです。

上図:男の人形の周りも花いっぱいです。

上図:女の人形の周りも花いっぱいです。

 香川県丸亀市にあるレオマワールドに行ってきました。チューリップなどがきれいに咲いていました。

こんぴら歌舞伎が開催されています。

 

上図:ポスター

上図:現存する日本最古の芝居小屋には多くの観客が待っています。

上図:江戸時代には庶民専用の、狭い木戸から入ります。

上図:客席はいっぱいです。

上図:天井には役者の家紋を表わす顔見世提灯が下がっています。

上図:演目によっては役者の足音が良く反響するように、花道や舞台に所作台を敷きます。

上図:演目によっては、格子状のぶどう棚の上から紙吹雪が降ってきます。

 今年も讃岐路の春を告げる、四国こんぴら歌舞伎大芝居が始まりました。開催は4月7日から22日までです。

 今年は中村芝翫の襲名披露も行われます。昔ながらの観客の間近で役者の演劇が観られるので、多くのファンが押し寄せます。

桜が満開です

上図:香川県の西部にある朝日山森林公園は、頂上の桜群が見事です。

上図:三豊市にあるたからだの里さいたの桜も見事です。

上図:長い桜並木が続くまんのう森林公園も見事です。

4月1日は好天に恵まれて、香川県各地の桜の名所は多くの人出で賑わいました。

しまなみ縦走2018が開催されました

上図:尾道のレンタサイクルでは多くの自転車を準備しています。

上図:早朝の7時前から行列ができています。

上図:多くの吊り橋を渡っていきます。

上図:いろいろな吊り橋があります。

上図:吊り橋には歩行者と自転車が使用する専用通路があります。

上図:今治直前の大橋は三連橋です。

上図:スタンプラリーが終了しました。

上図:完走証をいただきました。

 しまなみ縦走2018が開催されました。期間は3月24日から25日までです。

 広島県の尾道から愛媛県の今治まで約70kmを、自転車または徒歩で回るスタンプラリーです。途中10箇所でスタンプを押します。

 期間中は快晴に恵まれて、多くの参加がありました。二日間かけてもよいので、普通の体力の人でも参加できます。

 完走後の爽快な気分を味わうために。、参加をお勧めします。

 

あわじ花さじきがきれいです

上図:広い菜の花畑

 淡路島にあるあわじ花さじきに行ってきました。

 広い丘陵に菜の花がいっぱいです。なお、段階的に咲くように、まだつぼみだけの所もありました。今後も楽しみです。

ページトップへ