RSS
 

めりけんや便り2016年8月号(葉月)

めりけんや便り2016年8月号(葉月)

まるめ
まるめ

まるまるとまるめまるめよわが心 
まん丸丸く 丸くまん丸
(木喰上人)
 江戸時代の後期の仏教行者で、仏像彫刻家の木喰(もくじき)のことばです。全国に仏像を残した行者としては、一世紀ほど前の円空がよく知られています。なお、円空の荒削り的な仏像に比べて、木喰上人のは微笑みを浮かべた温和なものが多いのが特色です。
 河川の小石は長い間に流されて角が取れたためです。人も人生にもまれて角が取れてきます。この時丸く暖かな笑顔になると思います。なお、我が社のうどんを社内では「まるめ」と言っています。ロゴマークが赤丸に「め」のためです。お客様に暖かな笑顔で、真心のこもった商品をお届けします。

葛
立木を覆い隠したくず
【立木を覆い隠したくず】

 最近の田舎ではくずのはびこりが目立ちます。長く伸びたつるが地面を覆い、高い立木まで覆い尽くしています。農業従事者や山林関係者は、除草の時に難儀します。普通の雑草だけだと、草刈機で根元を刈り取るだけで作業が終わります。しかし、くずがあると、草刈機に巻き付いて度々作業が中断します。また、高所まで覆われた所まで草刈機が届きません。
 なお、昔は有用な植物として利用されてきました。葛餅や葛湯は、葛の根を砕いて澱粉質をとり、葛粉を造っていました。また、葛の葉は栄養価が高く、まとまって生えているので、刈り取って家畜の餌として利用していました。このため、大きく茂るまでには至りませんでした。
 昔はなくてはならないものが、時代の変化とともに今は厄介者となります。人生にも当てはめて気をつけたいと思います。

ひやむぎ
ひやむぎ
【ひやむぎ】

 乾麺類には、干しうどん、ひやむぎ、そうめん、干しそばなどがあります。手延べ製品以外はすべて機械製麺による商品で、使用する機械はほとんど生麺の場合と同じである。
 乾麺は、基本的な性質として生麺に比べて茹で上がりが遅く、食感が硬い傾向があります。これはうどん(太物)の場合、特に嫌われる性質であり、このような傾向を可能な限り少なくする努力が払われます。
 小麦粉は原則として中力粉を使用しますが、ひやむぎ、そうめんのような細いものほど、食感に歯切れと硬さが必要なので、タンパク質の多いものを使用します。なお、ひやむぎの直径は1.3mm以上で1.7mm未満に成形したものをいいます。

ざるうどん
ざるうどん
【ざるうどん】
 暑い夏に、さっぱりと食べられるのがざるうどんです。
 薬味としてお好みの夏野菜(トマト、きゅうりなど)を準備します。
 たっぷりの沸騰したお湯にうどんを入れて、茹で上がると冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 ざるにうどんを盛り、夏野菜などをのせます。
 つけつゆにつけてお召し上がりください。

めりけんや便り2016年7月号(文月)

めりけんや便り2016年7月号(文月)

障害者の仕事の確保
福山リサイクルセンター
【福山リサイクルセンター】

 地元主催の社会見学旅行で、広島県福山市に出向きました。鞆の浦観光の後にエフピコ福山リサイクル工場の見学がありました。回収された食品トレーの再生減量化を行っています。まず始めに会社の担当者から、「仕分け作業は知的障害者が戦力として活躍している。しかも健常者より熱心にしかも手早く作業をしている」との説明がありました。
 コンベア上を大量のトレーが流れてきます。1ラインに健常者は1人のみで、外に7人ほどの障害者が、色、汚れ、異物別に的確に仕分けます。
 なお、仕分けのラインは3本ありますが、回収するトレーが少ないので稼働できるのは2ラインだけだそうです。
 トレーは出来る限りスーパーマーケットなどの回収ボックスに入れて、彼らの仕事の確保のために応援したいと思います。

用水路の掃除
整備された用水路と農道
【整備された用水路と農道】

 梅雨の後期には大雨が予想されます。また田植え以後には水の確保が大切になってきます。このため梅雨の始まる頃に、用水路の一斉清掃を行います。底に溜まった土砂の撤去、側面の雑草の抜き取り、農道の草刈りなどです。
 なお、この管理は昔からの慣行で実施されます。地方では農業従事者が主に行っていますが、農家数の減少や高齢化で、年々作業が厳しくなっています。また、農道の管理も含まれており、定期的な草刈りも必要です。将来にわたって管理していくために、ゴミを流さないなどの地域の協力が必要です。

手延そうめん
手延そうめん
【手延そうめん】

 さぬきうどんの一般的な製麺法は、麺棒を使って生地を手で延ばし、庖丁で切る手造りです。一方、手延そうめんも手造りであることにかわりはありませんが、製法が大きく異なります。
 生地を踏み板上で足踏みして円盤状に延ばします。この生地に庖丁を渦巻状に入れて、8cm角程度の太さの長い帯状のものにします。この帯を引き伸ばしながら、付着と乾燥防止のため油を表面に塗り、たらい状の桶に渦状に重ねて巻き込みます。この状態で数時間ねかせた後に再び同様に引き伸ばして巻き取ります。
 鉛筆程度の太さに延びたところで、2本の細竹の間にあやがけして引き伸ばし、ねかせてから再度引き伸ばします。最後に框(はた)にかけて引き伸ばし、その後は乾燥させます。

冷しぶっかけ
冷しぶっかけうどん
【冷しぶっかけうどん】
 暑い日には冷しぶっかけうどんが最適です。気分も涼しくなりますし、食欲もそそります。
 まず、温泉卵、大根おろし、花かつお、ネギ、レモン、揚げ玉、つけつゆなどを準備しておきます。
 大きめの鍋にお湯をたっぷり入れて、沸騰したら半生うどんを入れ、茹で上がると冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 うどんを器に盛り、前述のトッピングを乗せます。
 冷たいつけつゆを振りかけてお召し上がりください。

めりけんや便り2016年6月(水無月)

めりけんや便り2016年6月(水無月)

地球温暖化
田植え
【田植え】

 地球温暖化に伴い、讃岐でも気温が上昇しています。稲作は従来どおりの6月中旬に田植えをすると、穂が出る頃に, 高くなった気温で籾に白濁などが発生して等級がさがるため、近年は田植えを一週間ほど遅らせています。
 また、香川県では高い気温に耐えられる品種の、おいでまいに順次切り換えられています。
 温暖化はエネルギーを多く使う生活になっているのが原因のひとつと思います。朝起きてからの洗顔は冷水でなければすっきりしません。しかし最近の若い人は温水を使用する人が多いようです。サービスエリアでも手洗いで温水が出るところがあります。しかし、これであまり快適とは感じません。
 熟年の家庭の水準で十分かと思います。

自主防災組織
自主防災訓練
【自主防災訓練】

 私の住む町内の5つの自治会が集まって、自主防災会を結成しました。目的は自治会の会員相互の互助精神に基づき、自主的な防災活動により、地震、風水害、土砂災害、火災その他の災害による被害の防止および軽減を図ることです。
 町内にはいろいろな意見の人が多く、また自己負担金もいりますが、熱心な自治会長の推進により昨年に発足しました。
 日本は災害列島です。やがて来る日に立つと思います。
 なお、救援活動はまず自分が助かることを優先して、余裕ができた人が救援活動をすることにしています。これで会長・班長などの過度の責任を軽減しています。

茹でうどん
茹でうどん
【茹でうどん】

 うどんは茹でたてがもっとも美味しいですが、ご家庭で時間的に制約がある場合は、手っ取り早い茹でうどんが便利です。スーパーマーケットなどで販売されています。
 このうどんは茹でてから数日が経過したものを購入しますので、茹で伸びはしています。このため使用する小麦粉はタンパク質を多くして、茹で上がっても少し硬い麺にしております。なお、食感を滑らかにするため、澱粉を混ぜることもあります。
 昔は茹でうどんといえば当日生産、当日販売の商品でした。玉取りをして蒸籠に並べて、玉売りをしていました。今は、衛生管理の向上と低温流通機構の著しい発達があり、4〜5日間の流通期間が可能となっています。

サラダうどん
サラダうどん
【サラダうどん】
 栄養のバランスがとれて、しかもさっぱりと食べられるのがサラダうどんです。
 まず、きゅうり、ゆで卵、とうもろこし、かいわれ大根、わかめ、トマト、すりごま、ツナ缶、茹でた海老などを準備します。
 たっぷりの沸騰したお湯にうどんを入れて、茹で上がると冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 器にうどんを盛り、野菜などをのせます。
 つけつゆにすりごまを入れて、つけてお召し上がりください。

めりけんや便り2016年5月号(皐月)

めりけんや便り2016年5月号(皐月)

レジャーのすすめ
ヨットからの瀬戸内海の眺め
【ヨットからの瀬戸内海の眺め】

 忙しい毎日が続くとストレスがたまります。また反対に単調な日々が続いても同様です。この解消方法はたくさんありますが、手っ取り早いのはレジャーです。しかし新しい分野にチャレンジする機会はなかなかありません。何かのきっかけがあれば積極的に参加したいものです。ためらっていると、次の機会はまずありません。
 友人の誘いでヨットに乗る機会がありました。高松港から岡山まで、片道が3時間の船旅です。小さな船で海面間近の目線から瀬戸内海の島々を眺めていると、日常生活のことを思い起こす間がありません。すっきりした気分になりました。
 歳をとるほど引っ込み思案になっていることを自覚して、新しいことに挑戦したいものです。

トマトの家庭栽培
トマトの苗
【トマトの苗】

 甘くてみずみずしい完熟トマトは店頭では少なく、また高価です。これが家庭菜園でできます。また、家の周りのコンクリートの庭に、十数個の植木鉢とプランターを並べて、トマトを栽培している友人もいます。まず始めに数本の苗を購入して、大きく育つ途中に出る脇芽を挿し木にして、どんどん増やしていました。
 近所に農地などが無い住宅街ですと、病害虫から隔離できるので、農薬などを使用しなくてもすみます。植物の成長も身近に見られるので、朝起きて見るのが楽しみです。
 なお、トマトは乾燥気味に育てるのがよく、日々の水やりは必要がありません。

オリーブ麺
オリーブ麺
【オリーブ麺】

 オリーブといえば日本オリーブ栽培発祥の地の、小豆島を思いおこします。当地では従来からこの実から搾りとったオリーブオイルや、漬けた土産品などが販売されていました。
 近年ではオリーブオイル搾油後の果実を飼料化して飼育したオリーブ牛、オリーブ葉の粉末を加えた餌を与えた、オリーブハマチなども見られます。これは近年、オリーブの葉についての研究がすすみ、数多くの有効成分が含まれていることがわかってきたためです。
 めりけんやではオリーブの葉の粉末を練り込んだうどんの販売もしています。オリーブの香りが豊かで、爽やかな色合いです。高松空港などで販売していますので、ご利用をお待ちしています。

天ぷらうどん
天ぷらうどん
【天ぷらうどん】
 まず、海老天を作ります。えびの殻をむき、背わたを取り除きます。これにころもをつけて、油で揚げて油切りをします。
 薩摩揚を適当な大きさに切ります。おろし大根やねぎなどのお好みの薬味も準備しておきます。
 たっぷりの沸騰したお湯にうどんを入れて、茹で上がると冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 再度、お湯でうどんを熱くして、丼に入れます。
 熱いかけつゆをかけて、海老天、薩摩揚、大根おろし、お好みの薬味などをのせて、お召し上がりください。

めりけんや便り2016年4月号(卯月)

めりけんや便り2016年4月号(卯月)

チャレンジ開始
蛙はオタマジャクシから脱皮する
【蛙はオタマジャクシから脱皮する】

 ある鉄道機関誌に、「鉄道は先端技術をリードしてきた。まず、蒸気機関の実用化による蒸気機関車、続いて電気鉄道、信号システムなど、基本インフラ整備と共に進化してきた」と。
 しかし、「成熟期になった今、ともすれば二番手になることを好み、誰かがうまくいった方式を参考にすることが多くなって、革新的な進歩が止まっている」と思われると。自動車産業が開発している自動運転も、鉄道分野ではあまり聞かれません。
 4月は新年度であり、新しいことを始めるのに最適な時です。企業はもとより、クラブ活動などの集まりでも、変化を求めたいものです。
 蛙はオタマジャクシから脱皮して成長します。蛙の置物を飾るのは常にチャレンジ精神を思い起こすのに良いようです。

野菜の苗の植付
野菜の苗
【野菜の苗】

 糖度が高い品種の野菜が増加しています。八百屋ではトマト、いちご、メロンなどの甘さを競った品種が多く出回っています。
 例えば、さつまいもは戦中戦後の食糧難時代には、護国芋という収穫量だけが多くて甘さが少ないものでしたが、最近は砂糖を練り込んだように甘い、安納芋や紅はるか等の品種があります。
 ただ、最近は甘いだけが美味しいのかとの疑問も出始めています。いろいろな味の刺激を受けて、その時々に感動することが大切とも言われています。 家庭菜園では、甘い品種も大切ですが、昔の味がする伝統野菜を植え付けるのもお薦めです。

瀬戸内国際芸術祭の土産うどん
瀬戸内国際芸術祭の土産うどん
【瀬戸内国際芸術祭の土産うどん】

 美しい瀬戸内海の島々を舞台に、3年に一度開催される現代アートの祭典の、瀬戸内国際芸術祭2016が開催されます。今年は第3回目で、春の部は3月20から4月17日までです。瀬戸内海にある12の島と、高松港・岡山県の宇野港周辺に点在する約240のアートを巡ります。
 2010年に始まり、今年で3回目になります。前回の2013年は100万人以上の観客を集めました。
 めりけんやでは、この祭典に合わせて、本場のさぬきうどんの土産を販売しています。表側には「アート県香川」と共に、開催される島々の地図を記載しています。JRの売店などで販売していますので、ご利用をお待ちしています。

山かけうどん
山かけうどん
【山かけうどん】
 まず、半生うどん、山芋、生卵、海苔、めんつゆ、好みの薬味等を用意します。
 山芋の皮を剥き、おろし金で擦り下ろします。
 たっぷりのお湯でゆで上げたうどんを、冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 再度熱湯にうどんを入れて、熱々のうどんを丼に取ります。
 下ろした山芋、生卵、海苔、好みの薬味等を載せます。熱いめんつゆをかけてお召し上がりください。

めりけんや便り2016年3月号(弥生)

 

めりけんや便り2016年3月号(弥生)

防災訓練
バケツリレー訓練
【バケツリレー訓練】

 南海トラフ大震災が発生する危険性が毎年高くなっています。これに備えて、地方自治体主催の防災訓練がありました。まず、体制の確認や、避難行動が行われました。
 体験訓練では、AED講習、応急訓練、消火訓練、土のう作りなどをしました。
 今までにビデオなどを見ており、分かったつもりでしたが、実際に行うとうまくできません。訓練の大切なことがよくわかります。なお、バケツリレー訓練ではうまくできるようになると、メンバー間が和やかになり、和気あいあいになります。
 なお、2年ほど前にわが町内会にも防災組織が立ち上がりました。世話人の苦労がよくわかります。家族のためにも防災に積極的に協力することが大切です。

自家消費型の果樹の植付を
西洋イチジクの苗
【西洋イチジクの苗】

 食事の後には、いつも美味しい果物をいただきたいものです。健康にもダイエットにも良いようです。
 市販のみかんやリンゴなどの果物も美味しいです。しかし、大変美味しいがすぐに鮮度が落ちてしまう、自家消費型の果物もたくさんあります。例えば西洋イチジクなどは収穫してから一日も持ちません。このため店頭では販売されませんが、しかし、味、香り、甘さなどは抜群に良いのです。最近の果物は植付けてから、収穫出来るまでの期間が短いものが多く、多くが2、3年間待つだけで楽しめます。
 空き地があれば3月から4月にかけての植付をお薦めします。

揚げぴっぴ
揚げぴっぴ
【揚げぴっぴ】

 さぬきうどんを原料にしたお菓子があります。揚げぴっぴです。
 こしの強いさぬきうどんを短く切ってから茹で上げ、油でカラッと揚げて、砂糖などをまぶしたものです。
 さくさくとした軽い口当たりで、食べだしたら止まらない感じです。
 「しお味、甘味、しょうが味」があります。しお味はおつまみに、甘味としょうが味はお茶うけなどに最適です。
 なお、「ぴっぴ」とは讃岐の方言で、幼児言葉のうどんを指します。
 めりけんやではインターネットで直接販売するとともに、JR四国の駅の売店などでも販売をしています。

鍋焼きうどん
鍋焼きうどん
【鍋焼きうどん】
 3月に入ったといえどもまだまだ寒い日もあります。このような時は体が温まる鍋焼きうどんが最適です。
 まず、卵、牛肉を用意します。また、白ネギ、椎茸、人参、菜っ葉類なども適当な大きさに切っておきます。
 たっぷりのお湯でゆで上げたうどんを、冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 鍋にだしを入れて火にかけます。熱くなったら、うどんと野菜などを入れて煮込みます。
 最後に卵を割り込み、フタをして煮立てます。
 なお、お好みの味にするには、砂糖やしょうゆ、みりんなどで調整して下さい。

めりけんや便り2016年2月号(如月)

めりけんや便り2016年2月号(如月)

丸亀ハーフマラソン
道路を埋めるランナー
【道路を埋めるランナー】

 香川丸亀国際ハーフマラソンが2月7日に開催されます。今年は第70回の記念大会です。コースは丸亀市から坂出市までの往復です。起伏が少ないので走りやすいと人気があります。また制限時間も3時間と長いので、毎年1万人を越える一般ランナーが参加します。
 招待選手の力強い走りや、地元ランナーもみられますので、沿道から多くの声援がかかります。
 参加しての感想はやはり達成感です。なお、途中の数箇所に関所があり、その箇所を制限時間内に通過しないと、強制的にバスに乗らされますが、それも想い出になります。
 参加をためらっている方には、来年はぜひ参加されることをお薦めします。

畑の手入れ
根っこを食い荒らすコガネムシの幼虫
【根っこを食い荒らすコガネムシの幼虫】

 2月は特に寒いので雑草もほとんど生えてこないし、春作物の種蒔もまだ早すぎます。このため、畑の手入れをほとんどしない人が多くいます。しかし、この時期に一度は土を耕しておくと良いです。
 掘り起こしますと、いろいろな害虫やその蛹が出てきます。これらを寒さに合わせると死滅して、春先からのこれらの害が減少します。
 例えばネキリムシは植えつけた苗の茎を根元から切ってしまいます。早く退治しないと次々と苗が被害に合います。
 今は寒い時期ですので暖房の効いた部屋におりたいものですが、畑仕事は寒さに体を慣らすためにも良いです

業務用うどん
業務用うどん
【業務用うどん】

 うどん店の多くは自家製麺をしています。美味しいうどんは店の繁栄につながりますので、工夫を凝らして製麺をしています。
 しかし、このためには早朝からの仕込みや、長時間の製麺作業が必要です。また、アルバイトにさせると品質にばらつきが出来やすいので、店の主人が長時間労働に陥ることも多くあります。 また、製麺機の置き場所や、粉の飛散にも困ります。
 このため、めりけんやでは業務用麺も販売しています。なお、小売りもしています。もちろん品質は良く、値段も手頃です。
 1袋(半生うどん1kg入)が10人前ですので、一度に多くを召し上がる時に最適です。なお賞味期限は常温で3ヶ月です。

しっぽくうどん
しっぽくうどん
【しっぽくうどん】
 しっぽくうどんは簡単に作れる讃岐の郷土料理です。野菜などをたっぷり入れており、また体が温まります。
 まず、大根、人参、油揚げなどを短冊切りにします。
 長ネギは斜め切りに、里芋と鶏肉などは一口大に切ります。
 鍋にだし醤油と水を入れて煮立てて、上記の具材を入れて煮ます。
 たっぷりのお湯でゆで上げたうどんを、冷水で十分にもみ洗いして玉取をします。
 うどんを熱いお湯で温めて丼に取り、前述の煮たものをかけてお召し上がりください。


めりけんや便り2016年1月号(睦月)

 

めりけんや便り2016年1月号(睦月)

一年の計は元旦にあり
一年の計を元旦に
【一年の計を元旦に】

 三日坊主ということがよく言われます。なんとなく書き始める日記帳では、1月3日の分まで印刷していれば十分と言われたりします。しかし好きなことを計画すると実行できます。
 多くの方に好まれるのは旅行と思われます。旅行も年代によって行くところが変わってきます。若い時は休みをとりやすく、連休などを利用すると、長期の旅行ができます。しかし、中堅になると期間が短くなってきます。中高年になると体力や、両親の介護などで家を空けにくくなります。
 元旦に旅行に限らず一生にわたる方針を決めていると、今年の計画は容易にたてられます。

お作法は人柄を表します
畳の縁を踏まない
【畳の縁を踏まない】

 例えば「畳の縁や敷居を踏まない」です。畳の縁はその家の格式を表しており、畳の縁に家紋を入れていることもあります。それを踏むと先祖の顔を踏むことになり、失礼なことなのです。
 会食などで箸置きにきちんと箸を置く人は、家庭でも箸置きを使用していることが推測されて、その家庭の格式がしのばれます。
 できそうなことを区切りのよい正月から始めると良いと思います。

うどんの太さ
うどんの太さは地域で異なります
【うどんの太さは地域で異なります】

 うどんは地方によって好みが異なります。さぬきうどんはコシを強調します。しかし関西や九州地方では長い時間をかけて茹であげて、軟らかいうどんを好む地域もあります。
 太さも好みがあります。讃岐では太いのが多いと思います。しかし、うどん店によっては細くして、喉にするすると流れこむように食べられるのを看板にしている所もあります。
 昔の食べ物に比べて、最近のは軟らかくなっているようです。昔の子供は硬いものを食べていたので、顎の筋肉が発達して、顎が短くて丸い顔になっていたようです。最近の子供は軟らかいものが多いので、顎が長くてとがっています。
 さぬきうどんも噛む回数が少なくてすむ、軟らかい細切りを好む人が増加しているようです。

年明けうどん
年明けうどん
【年明けうどん】
 大晦日にいただく「年越しそば」に対して、新年にはその年の人々の幸せを願って食べる「年明けうどん」があります。1月1日から1月15日までに食します。
 昨年の師走には「全国年明けうどん大会2015inさぬき」が高松市で開催されました。全国各地の「ご当地うどん・年明けうどん」が出店してたいへん盛況でした。年明けうどんをいただくことは、年越しそばのように、年中行事に定着しつつあります。
 年明けうどんは純白で清楚なうどんに「紅」(赤いトッピング)を添えて、年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものです。

ページトップへ